JMIU2005年春闘アピール(案)

いまこそ職場とくらし、政治に憲法を。

すべての仲間の賃上げと雇用拡大で、くらし、職場、将来展望をきりひらこう

「毎年、こんなに低い賃上げでは生活も将来もなりたたない」 「人手不足で仕事に追われっぱなし。体がくたくた」 「景気回復というが、いっこうに利益が出ない。会社の将来が不安」

いま職場では、くらしと雇用、将来をめぐってさまざまな不満や不安がうずまいています。

財界は「春闘しゅうえん」論をふりまいていますが、職場では、「労働者の生活をまもる賃金を」「パートや派遣、中高年をふくめすべての仲間の賃上げを」「くらしと将来に展望がもてる職場に」の声とエネルギーがますます高まり、春闘への期待と要求は切実となっています。

企業閉鎖や人員削減、配転、成果主義賃金・賃下げなどリストラに無抵抗の大企業・連合労組の中でも、成果主義賃金にたいする不満がひろがっています。無権利状態に置かれている未組織労働者や派遣・パート・有期雇用など不安定雇用労働者の間にも、労働組合を求め立ち上がる仲間がひろがっています。

国民の世論もいま大きく変化しはじめています。

全組合員の団結を基礎に、多くの国民の共感と支持、ストライキをふくむ大衆行動によって勝利をかちとったプロ野球選手会労組のたたかいは、あらためて労働組合の存在と運動への社会的な関心を高めました。

新潟中越地震では、「被災者の救援を」との広はんな声と運動がわきおこり、国民の連帯がひろがりました。

私たちが2004年春闘で全力をあげた年金改悪反対のたたかいは、国民の圧倒的世論となり、先の参議院選挙では自民党を大敗へと追い込みました。年金・介護・医療など、社会保障の連続的な改悪への国民の怒りは、ひろく深くひろがり、「年金を改悪前にもどせ」の世論はいまも多数です。自衛隊のイラク派兵にたいしても、早期撤退を求める世論が多数をしめ、憲法改悪を許さないたたかいも、著名人をはじめこうはんな国民的運動へと発展していこうとしています。

職場に充満する要求をくみつくし、切実となっている国民のくらしと平和への願いを受けとめ、ともにたたかう春闘へと世論に大きく働けかけるならば、昨年の「年金春闘」で示されたように、国民的な春闘をつくりだし、要求を実現することは可能です。

2005年春闘は、 「すべての仲間が大幅賃上げを実現する春闘」 「雇用の拡大をはかる春闘」 「企業の社会的責任を追求し、企業のあり方を問う春闘」 「憲法をまもり、くらしと職場、政治に生かす春闘」 「青年・女性の要求を実現する春闘」 です。

職場のすみずみから要求をねりあげ、すべての職場で要求を提出し「全員参加」の2005年春闘をつくりあげましょう。

大きく強いJMIUの実現と、金属労働者の大きな共同で、要求実現の力を倍加して2005年春闘をたたかいましょう。

大増税・社会保障改悪をはねかえし、中小企業と地域経済の再生をめざす国民的な共同と運動をつくる2005年春闘としてたたかいましょう。

憲法・教育基本法改悪を阻止し、世界と日本の平和と民主主義をまもる職場からの運動と大きな世論をつくる2005年春闘をつくりあげましょう。


2004年11月13日
全日本金属情報機器労働組合
2005年度第1回中央委員会