JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

<2011年春闘アピール>
「すべての仲間の賃上げと雇用」でくらしと経済を立てなおそう!
2011年春闘を「春闘再生」元年に!

 10数年来の賃上げ抑制に加え、残業代・一時金の減少、一時帰休による賃金カットによってわたしたちの年収は大きく減り、生活悪化はきわめて深刻です。雇用の状況も史上最悪の水準で推移しています。すべての仲間の賃上げと雇用の安定でくらしを立てなおしたいという労働者の要求は切実です。
 中小企業労組のなかには「経営がたいへん」と賃上げ要求をあきらめているところもあります。しかし、労働組合が職場の切実な要求をかかげて経営者に迫り、経営者もそれに真剣にこたえようとする努力のなかからこそ経営改善の知恵と力が生まれてきます。また、労働者・国民の雇用が安定し生活が改善されれば、国民の購買力が高まり、消費の冷え込みと価格破壊の悪循環を断ち切ることができます。「すべての仲間の賃上げと雇用」は、デフレ経済と円高を克服し日本経済を立てなおす力となります。
 「賃上げ」を実現させる力は、職場からの団結と、産別・地域、さらには全国的な統一闘争です。全国の仲間が企業の枠をこえて力を集中し統一闘争をたたかうとともに、社会的な世論が大きくひろがってこそ、春闘が前進し賃上げが実現するのです。同時に、労働者・国民のくらしを立てなおすためには、この間、改悪され続けてきた医療・年金など社会保障を立てなおすことも重要です。
 このように、すべての仲間の賃上げと雇用の安定、国民のくらしをまもる政治の実現をめざしてすべての労働者・国民が総決起してたたかう春闘の今日的意義はますます重要となっています。
 2011年春闘は「春闘再生元年」です。あらためて、職場・地域から、春闘をたたかうことの意義と重要性を語り合い、すべての労働組合が、積極的な賃上げ要求をかかげて春闘を元気にたたかうことができるよう激励と相互支援を強め用ではありませんか。そして、地域から一致する要求と課題での統一闘争と共同を大きくひろげましょう。


2010年11月13日

全日本金属情報機器労働組合
2011年度第1回中央委員会



JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)